同期会・クラス会・OB会

 近年開催された同期会・クラス会・OB会のレポートです。こちらに掲載を希望される方、開催予告をされたい方は、お気軽にお問合せ・ご連絡ください。


同期会・クラス会・OB会レポート(2018年開催終了分)


■昭和40年3月卒 普通科同窓会(2018/10/14)



 滝中学校へ入学してから早や60年、滝高校を卒業してから54年、なんと月日のたつのが早いものかと驚愕させられる。そこで、この6年間を少し想い起こしてみよう。
 まず、昭和34年、伊勢湾台風の到来である。名鉄電車が運転中止となり、休みが続いたことを喜んだ記憶、久し振りに登校したとき、農業科の家畜小屋が倒壊していた記憶が蘇る。
 次に、高1から高2にかけて、舟木一夫主演の映画「高校3年生」のロケが、高校で行われたよね。ラグビーのゲームや鉄棒の実演等でエキストラとして皆と一緒に出演したなあ。舟木一夫だけでなく、高田美和や姿美千子は美人でかわいかったなあ。封切られた映画を一宮まで観に行った記憶。懐かしい。昭和39年、東京オリンピック、テレビを観ることに必死で、受験勉強どころじゃなかったね。でも、大学はどこか合格したね。それぞれいろいろの思い出が詰まった6年間であったな。
 齢満72歳となり6回目の戌年を迎えたことを記念して、3年振りに同窓会を名古屋駅前のホテルにて催すこととなった。今回の幹事は初めて女性の担当となり、加藤、岡田、高田が準備を進めた。そして名古屋地区の男性、宮田と堀田が手伝った。
 同窓会は平成30年10月14日(日)11時半より、名古屋駅前のザ・サイプレス・メルキュールホテルで開催された。出席者は恩師を含めて40名で、東は東京、西は兵庫県からであった。恩師としては、担任の多くの先生が残念ながらお亡くなりになられてしまったので、6年の在学中、理科の生物で長年お世話になった小川昭弘先生と、中学校2年B組の担任であった馬渕芳美先生の両先生にご出席をお願いしたところ、ご承諾を得ることができ、ご出席の運びとなった。2人の先生には厚く御礼申し上げる次第である。
 小川先生については、在学中生物部、応援団の顧問としてお世話になった記憶が残っている。我々の卒業後は、滝学園の重鎮として教頭等の要職に就かれた。
 馬渕先生については、わずか1年間の滝での在職であったが、初めての勤務であり、当時の若さ溢れる、清廉潔白、眉目秀麗な印象はそのままであった。なお、先生は岐阜県の高校に移られた後、最後には、岐阜県のトップ高校である岐阜高校の校長の要職に就かれたのであった。
 会は恩師や同窓生の物故者の冥福を祈った後、開会した。司会者の挨拶に続き、2人の恩師が近況についてお話があった。まだまだ元気そうで、その話しぶり、語り口は以前のままであった。本当に良き先生にお世話になったとあらためて感謝した次第である。
 次いで、私どもの同窓が滝の東京支部、大阪支部の役員であることより、それぞれの支部や現況を話してもらった。また、私たちの時代に応援歌ができ、応援団が設立されたことから、顧問の小川先生と応援団のメンバーで校歌、応援歌を手拍子しながら合唱した。夏の愛知県大会を想いだした。
 その後は女性陣が本日の開催までの経緯や最近の状況を語った。また、恩師の出席に幹事としてお礼を申し上げるとともに、皆で語らいながら昔話に花を咲かせた。男性陣も酒を酌み交わしつつ個々の今(趣味、仕事、健康)を互いに語り合っていた。 しゃべってもしゃべっても時間が足らない感じであった。ああこれが青春につながる70歳の春なんだなあとつくづく実感した次第である。
 なお、今回はこれまでの50名より10名余出席者が少なかったが、健康を害するものが増えつつあると感じた。早く健康を回復してくれよ、お呼びがかからないようにしてくれよと心より祈る次第である。
 次回は3年後、江南市(できれば母校訪問を入れる)での開催と同窓生が皆元気に出席できることを約束し、別れを惜しみつつ、閉会とした。シーアゲイン(サイ チエ―ン)

吉田 有夫(記)


■卒後50年目の同窓会(昭和43年 普通科卒)(2018/6/24)


 平成30年6月24日(日)に名鉄犬山ホテルにて同窓会を開催しました。昭和43年に滝高校普通科を卒業してから50年目の同窓会です。普通科卒業生242名のうち、66名の参加者に、恩師の青山行雄先生、原定夫先生、小川昭弘先生を迎え、楽しい時間を過ごすことができました。
 今までに4、5回の同窓会を開催していますが、最後の開催からは20年経っています。「卒後50年という節目に同窓会を」という声が上がってから、各クラスの代表者による準備委員会ができたのは2月。住所や安否の確認にかなりの時間がかかりました。中島仁君を中心に労をとってくれた委員の皆さんに感謝します。
 当日、会場では、高校時代の面影を探しながらも思い出せず、胸の名札をみて、「え、えェ〜」と驚きの声があちらでも、こちらでも。
 会は、集合写真を撮ったあと、物故者24名に対しての黙祷、そして先生方の来賓挨拶が済んでからは、先生や昔の仲間を囲んだ話しの輪が各所にでき、和気あいあいの雰囲気となりました。途中で放映されたビデオ(近藤春雄君が所蔵していた体育祭の8ミリフイルムをCDに焼き直したもの)には、大きな歓声があがりました。セピア色の画像に食い入るように見る人、登場人物が誰か気が付いて声をあげる人、当時の出来事に花を咲かせる人などビデオを中心に色々な光景が見られました。
 会の最後は、恩師への記念品贈呈式で、陶芸家として活躍中の朝日清公君作のコーヒーカップと坂野英治君が作った米という心のこもった品が贈られました。あっという間に所定の時間は過ぎ、二次会はホテルー階のカラオケ「あすなろ」に移動。でも、話に夢中で、「カラオケ」なのに誰一人として歌を歌う人がいないという二次会になりました。まさに、話の尽きない同窓会でした。
 次回の同窓会開催は、私たちが「節目の後期高齢者となる時期に」と考えています。元気に再会できることを祈って、散会。

野木森 剛(記)


■昭和56年卒 普通科卒業生同窓会(2018/4/8)


 S56卒の有志で、4月8日、五条川の葉桜の下で「ミニ同窓会」を行いました。LINEでつながった仲間に「どうせやるなら花見の同窓会を」という皆さんの発案で開催いたしました。中島校長先生もご参加いただき、先生の「今日は旧担任です。」との言葉どおりざっくばらんの会になりました。先生にご参加頂き、一段と場を盛り上げることができました。
会に先立って、社本康歳君の案内で大口町の歴史遺産を見学し、改めて地元の良さに触れられた時間でした。桜の花は少し残念でしたが、集まった皆さんの笑顔は見事なピンクに染まり、30数年前の青春のシーンに酔いしれた時間でした。またの再会を約束して解散いたしました。

昭和56年普通科卒業 吉田晴秀(記)




■平成28年卒業生 成人の集い(2018/1/3)


  1月3日名古屋マリオットアソシアホテルで2016年卒業の成人の集いが開催されました。卒業して約2年が経つ私達ですが、久しぶり!!の一言で、昨日の話の続きをしているかのように会話が弾みました。みんないい意味で変わっておらず、懐かしさと安心感を覚えたそんな一日でした。思い出話に花を咲かせたり、ビンゴで盛り上がったりと、あの頃と同じように楽しい時間を過ごせました。学年を越えたくさんの先生方にご出席していただき、また当日お見えにならなかった先生方からはビデオメッセージがあり、改めて素敵な先生方に恵まれた滝学園生活だったのだと気付かされました。
 「人生は決断の連続」という言葉があるように、生まれてから二十年間、人生を決めるような大きなものから日常生活に溢れる小さなものまで、たくさんの決断をしてきました。自分が下した決断がベストかどうかなど誰にもわかりません。だからこそ、ベストの決断をしようと悩むよりも、自分が下した決断がベストだったと胸を張れるように頑張ることの方が大事だと思っています。小学校六年生の時に滝中学校に入学すると決めたこと、あの当時は自分の決断に自信を持つことができませんでした。しかし、六年間良いことも悪いことも様々なことを経験し、勉強も部活も遊びも全力で頑張ったからこそ、滝を選んだことがベストの選択だったと今は胸を張って言うことができます。そして、高校三年生の時にニューヨークの大学で夢を追いかけようと覚悟して下した決断は、まだベストの選択だったと言うことはできませんが、いつの日かこの道を選んだあの頃の自分に感謝できるように、今はまだがむしゃらに頑張っている途中です。
 日本を離れて、早2年。日本とニューヨーク、違う世界なのではないかと思うぐらい遠く感じ、寂しくなることもあります。けれども、誕生日にたくさんの日本食を送ってくれる友達、深夜まで電話に付き合ってくれる友達、日本に帰ったら美味しいご飯を食べに行こう!とメッセージをくれる友達、おかえり!と温かく迎えてくれる友達・・・。滝でできたかけがえのない大切な友達がいるから何があっても乗り越えられます。本当にいつもありがとう。自分を成長させてくれた滝学園、お世話になった先生方、励まし支えてくれる友達、そしていつも応援してくれる家族に感謝をして、今ある環境で精一杯頑張りたいと思います。


平成28年 普通科卒 中島寿美子(記)