>滝学園では今

活躍する在校生「サッカー部イギリス研修」

活躍する在校生「サッカー部イギリス研修」滝学園では今  平成30年3月25日〜4月2日の7泊8日の日程で、滝高校サッカー部10名(高1生3名、高2生7名)と引率教諭1名(上村晋平)、香川県の高松高校から生徒1名、岡山県の玉野光南高校から生徒2名の計13名でロンドンを訪れました。滝高校サッカー部OBであり、ロンドンの地で活躍されている浅井將雄さんに援助していただき、今回の交流が実現しました。とても貴重な経験をさせて頂き、浅井さんをはじめ、現地ではFOOTBALL SAMURAI ACADEMY の竹山さん、UCL の大沼教授など関係の方々に大変お世話になり、感謝しております。
 現地では講義、サッカー、大学めぐり、観光を中心に毎日が新鮮で、とても充実した日々を過ごすことができました。特に現地で活躍されている日本人の方々の話を伺うことができ、生徒たちが将来を考える上で大きな糧になりました。また、サッカーの面では本場の生徒たちと試合をすることができ、感じるものが多々あったと思います。サッカー日本代表の吉田麻也選手にも講演していただき、文武両道の大切さを学びました。それだけではなく共にサッカーをしていただき、憧れの選手と同じピッチに立つ喜びを感じることができました。観光では大人の手を借りず、自分たちでルートを考え行動しました。道に迷えば現地の人に英語で聞くなど、積極的に英語を活用しようとしていました。生徒達は、滝学園で学んだ英語を活かし、毎日練習しているサッカーで、交流することができ、今後の人生や学校生活の大きな自信に繋がりました。
 今後もサッカー部は、皆様方の力をお借りしてこの活動を続けていきたいと思います。そして、文武両道をモットーに世界で活躍できるよう、サッカーを通じて精神的、身体的に強い生徒を育成し、社会に貢献できるように努めます。

サッカー部顧問 上村晋平